お知らせ

 
3月30日 「IR(カジノ)誘致の是非を考える」院内学習会(東京)
日弁連主催

IR(カジノ)の認定申請期間が終了する前に、改めてカジノ施設を含むIRを誘致・開設することの是非について考えるために、院内学習会を開催します。

本院内学習会により、各地の反対運動を後押しし、日本のどこにもIRを作らせないことの意義を再確認し、ひいては特定複合観光施設区域整備法の廃止へとつなげていくことを目指します。

日時 2022年3月30日(水) 12時00分〜13時30分
場所 衆議院第二議員会館多目的会議室よりZoomウェビナーによるオンライン配信
参加費・受講料 参加費無料・事前申込制
参加対象・人数
どなたでもご参加いただけます。

内容(予定)
■ 国会議員からのご発言
■ IRの認定申請をしようとしている(した)各地からの報告
■ 講演「崩壊するIR構想の現実−各地の事例より」(仮題)
  鳥畑 与一氏(静岡大学人文社会科学部教授)
■ 総括「カジノ誘致と住民自治」 (仮題)
  新里 宏二弁護士(日弁連消費者問題対策委員会幹事)

申込方法
申込期限:2022年3月16日(水)

※申込状況等によって、先着順で募集を締め切る場合がございます。
※参加方法等は、開催日が近づきましたらお申し込みされた方宛てにメールにてご案内いたします。

お問い合わせ先 日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03−3580−9504  FAX:03−3580―2896





更新日 2022/03/30

 
Bottom Up! Channel 動画「20210606 忍び寄るカジノの足音 -民意は反映されるのか-」公開
ツイート  
シェア
 ブログ